すり身スクールアジア ウェブセミナー

2021年11月3日―5日

 

第1日 (2021年11月3日、東京時間

リソース/市場/供給/トレンド

1:15 1:20a (5 ) 開会の挨拶, Jae Park博士

 

1:20 1:45a (25 ) 南方のリソースアップデート

Mr. Duncan Leadbitter (Fish Matters)

 

1:45 2:10p (25 ) すり身生産のアップデート (熱帯魚)

Dr. Pascal Guenneugues (Future Seafood)

 

2:10 2:20p (10 ) すり身生産のアップデート (スケトウダラ)

Mr. Mark JoHahnson (Westward)

 

2:20 2:30p (10 ) すり身生産のアップデート (パシフィックホワイティング)

Mr. Brendan McKenna (Pacific Surimi)

 

2:30 2:45p (15 ) 市場の最新情報 (日本)

Mr. Yoshihito Nishino (NISSUI)

 

2:45 3:10p (25 ) 市場の最新情報 (タイ、東南アジア)

Mr. Teerasak Modkaew, Director, LUF.

 

3:10 3:40p (30) コロナ時代のトレンドを含む世界のすり身の需給

Dr. Pascal Guenneugues (Future Seafood)

 

3:40 3:55p (15 ) 質疑応答

 

 

3:55 4:15p (20 min) 1日目のトピックに関連する協賛企業によるプレゼンテーション

(5 min) Andaman Surimi

(5 min) ManA Frozen Foods

(3 min) Future Seafood/Ngoc Tuan Surimi

(3 min) Pacific Surimi

 

4:15p 第1日 終了

 

***********************************************************************

第2日 (2021年11月4日、東京時間

生産/品質管理/安全性

 

1:15 1:20a (5 ) 2日目プログラムの紹介

Jae Park博士

 

1:20 1:45a (25 ) 南方すり身生産における最新技術の進歩

Dr. Pascal Guenneugues (Future Seafood)

 

1:45 2:10a (25 ) 悪い酵素と良い酵素:それらはお互いに戦っていますか?

Dr. Jirawat Yongsawatdigul (Suranari University of Technology)

 

2:10 2:35a (25 ) サクセスストーリー基づいて、オーミックによる高速調理は、より高い利益を保証する

Jae Park博士 (Oregon State University)

 

2:35 3:05p (30 ) コロナウイルス下の衛生における効果的な技術,

Dr. Si Hong Park (Oregon State University)

 

3:05 3:30p (25 ) 魚たんぱく質分解物の状況:それは本当か、それとも単なる夢であるか?

Dr. Tyre Lanier (North Carolina State University)

 

3:30 3:45p (15 ) 魚のマイクロプラスチックの問題

Dr. Susanne Brander (Oregon State University)

 

3:45 3:55p (10 ) 質疑応答

 

3:55 4:15p (20 ) 2日目のトピックに関連する協賛企業によるプレゼンテーション

(5 min) Young Nam Machinery

(5 min) Lucky Union Foods

(5 min) SDBNI

 

4:15p 第2日 終了

 

***********************************************************************

第3日 (2021年11月5日、東京時間

すり身製品/原材料/新技術/新製品開発

 

1:15 1:20a (5 ) 3日目プログラムの紹介,

Jae Park博士

 

1:20 1:50a (30 ) シャカレトルトを使った常温保存シーフード食品

Dr. Louise Wicker, Louisiana State University

 

1:50 2:15p (25 ) 細胞ベースの筋肉タンパク質 (培養肉)

Dr. Tyre Lanier (North Carolina State University)

 

2:15 2:45p (30 ) 植物ベースのシーフードおよび肉製品

Dr. Jung Han (Pulmuone USA)

 

2:45 3:15p (30 ) ロボパックとオートメーション

TBA

 

3:15 3:35p (20 ) 新開発:3Dプリント技術を使用したカニカマ,

Dr. Hyun Jin Park (Korea University)

 

3:35 3:55p (20 min) 新開発: アミノ酸分析、官能評に基づく優れたカニエキスについて, 祥平, 日本水産株式 

 

3:55 4:15p (20 ) 3日目のトピックに関連する協賛企業によるプレゼンテーション

(5 min) Ajinomoto

(3 min) Nippon Suisan (Nissui)

(3 min) Multivac

 

4:15 4:35p (20 ) 質疑応答、閉会

 

******************************