HOME

OSU Surimi School USA

Surimi School Asia

Surimi School Europe

Surimi Industry Forum

Surimi Forum Japan

第3回
すり身フォーラム日本

 

2018221―22

 

*****

英文

 

Japan

 

 

ホテルサンルート有明

135-0063 東京都江東区有明3-6-6

 

これからの蒲鉾の価値の向上に向けて

[900年の歴史を迎えた蒲鉾の今後 (1115-2015)]

 

日英同時通訳付き

 

主催:

オレゴン州立大学(OSU)すり身スクール

 

事務局:

すり身フォーラム日本 事務局

 

協賛企業、団体 (2018)

株式会社紀文食品, ニチモウ株式会社・株式会社ビブン, Lucky Union Foods, Future Seafood Asia, 味の素株式会社, 高砂香料工業, Pacific Surimi, Lycored, Pacific Blends (協賛企業確認済み)

 

 

 

*****************************************************************

 

背景

 

すり身」という共通言語をもとに、日本とその他各国目的2010第一回すりフォーラム日本そして2013第2回目のフォーラムがかれました日本2015年にかまぼこ産業歴史として900節目かまぼこの900歴史そしてこれから900年の蒲鉾産業の発展について議論するのによい機会だと思います。すり身、そして練り製品のグローバル化における日本の役割はとても重大でした。

砂糖を抗凍結剤として利用する発見は、世界の冷凍すり身産業の始まり、そして成功のもとでした。1980年代半ばごろ、アメリカは日本水産株式会社やマルハニチロ株式会社などの日本企業との合併事業で、スケトウダラからすり身の生産を始めました。カニ風味かまぼこ(カニカマ)の発明は、様々な世界市場へ「すり身」を紹介する足掛かりとなりました。これら(抗凍結剤とカニカマ)がすり身のグローバル化となるきっかけとなりました。今日では、すり身先進国として、世界中で生産される練り製品の約50%を日本が消費しています。2010年に開催された第一回すり身フォーラム日本では、カニカマの発明から35年の間に日本以外の海外で開発された製品や技術を再検証しました。2013年に開催された第2回すり身フォーラム日本では、「発展・成長を続ける水産業、すり身、練り製品」というテーマで講演を行いました。

またこの機会に、このような素晴らしい製品を開発し、世界中で様々な練り製品の賞味を可能にした貢献に対して、日本及び日本の練り製品業界へ世界中の賞賛と敬意を表したいと思います。 

この第3回すり身フォーラムではこれからの蒲鉾の価値の向上に向けてをテーマに、世界のすり身と練り製品の市場、日本以外の海外で最も成功した練り製品産業のストーリー、練り製品に価値を付加するための様々な技術的進歩をカバーします。

 

受講案内

3おきに開催されるこの2日間の講座は、水産資源、すり身の需要と供給、すり身と練製品の市場動向、新しい技術、そして業界が直面する課題に関する最新の実践知識を求める経営者、流通業者、すり身技術者、および幹部社員用に企画されております。公開討論会では、世界の指導者を交えて、すり身と練り製品に関する優れた情報や話題を提供いたします。そして、業界のより良い将来を求めて自由な議論が交わされます。すり身技術とすり身製品について日本と世界の専門家が再検証を行います。講義の概要と主題は、業界のリーダーたちの提案に基づいて3年おきに更新されております

 

参加登録と参加者数

参加人数は最大120名に限定します。確保するために、出来るだけめのおみをおめします

 

1人当たりの参加費 (早期登録 119まで日本人参加者40,000消費税; 海外参加者US$400税込119日以降日本人参加者43,000 消費税; 海外参加者US$450税込にはコーヒーブレイク3回、昼食2回、夕食1まれますプログラム小冊子用意します。参加取消しによるしは119までけますがキャンセル料(¥10,000 または 、US$100がかかります115日以降参加取消しには払戻しを保障いたしかねます

 

参加登録申請先(201822122日):

 

日本人参加者

近藤昌弘 (すりフォーラムジャパンオフィス) メールmkondo@aviareps.comまたは電話090-3618-9880、参加者名、会社名、Eメールアドレスおよび電話番号をおらせください。請求書メールで送付いたします請求書は必要であれば郵送することも可能です。

 

海外参加者

ジェイ・パーク博士(Dr. Jae Park)宛にEメールsurimiman1@yahoo.com or surimiman1@gmail.comまたは電話 1-503-440-5636で、参加者名、会社名、Eメールアドレス、および電話番号をお知らせください。請求書メールで送付いたします

 

 

交通機関:

ホテルサンルート有明は東京ビックサイト(国際展示場)まで徒歩5分。こちら詳細

 

最寄り駅は下記

1)     りんかい線 国際展示場駅

2)     ゆりかもめ 国際展示場正門前駅

リムジンバス運行中:

成田空港から 70 (2,800)

羽田空港から 40 (620)

 

宿泊施設

私たちの会場ホテル(ホテルサンルート有明)は、トラベルウェブサイトにすべての部屋を与えたようなので、このイベントのために部屋を確保することができませんでした。したがって、あなたの好みに合わせてトラベルウェブサイトbookings.comhotels.com, trivago.com, kayak.com、または他の電子予約サイト)を使用してください。

ホテルサンルート有明、オークウッドホテル、東京ベイ有明ワシントンホテル、ホテルトラスティ東京ベイサイドの4つのホテルが会場の近くにございます。会場ホテル周辺の地元の地図をご覧ください

品川サンルートシーサイドはホテルサンルート有明まで3駅(りんかん線 国際展示場駅まで)のところに位置しております。

何かご不明な点がございましたら、遠慮なくパーク博士(surimiman1@yahoo.com or surimiman1@gmail.comまたは近藤昌弘(すり身フォーラムジャパンオフィス) (mkondo@aviareps.com) または電話090-3618-9880までご連絡ください。

****************************************************

 

  

第1日 (2018年2月21日水曜日)

 

08:30 10:00       受付

 

10:00 10:20       開会挨拶

                       大久保 一夫  (ニチモウ)

 

10:20 10:30       歓迎挨拶講師紹介

                                Jae Park 博士

(オレゴン州立大学[OSU] OSU すり身スクール、教授)

                          

10:30 13:00       (1) 公開討論会I

すり製品する世界市場最新情報および再検証 日本練産業影響える世界産業

                              

10:30 11:25       供給側  「日本」へのすり身供給影響ぼす

1a.     (10アメリカ (スケトウダラとシロガネダラ〔パシフィックホワイティング〕): 

Mr. Jostein Rortveit (Director, American Seafoods Japan)

1b.     (5本のすり身生産 (スケトウダラとキタノホッケ): 

Mr. Jiro Yokota (橫田仁朗) (Manager, Surimi Section, Maruha Nichiro)

1c.     (15本のすり身市場の要求

Mr. Jiro Yokota (橫田仁朗) (Manager, Surimi Section, Maruha Nichiro)

1d.      (10タイのすり身生産

Mr. Anucha Technitisawad (CEO, Andaman Surimi Industries, Bangkok, Thailand)

1e.      (15すり身生産  インドネシア、マレーシア、ミャンマー、パキスタン

Dr. Cheong-il Ji 博士 (EVP, Lucky Union Foods, Bangkok, Thailand)

 

11:25-11:45          休憩

 

11:45 12:40      1f.      (15タイと東南アジアのすり身市場の要求: 

Dr. Cheong-il Ji (EVP, Lucky Union Foods, Bangkok, Thailand)

1g.    (45) ベトナム インド、中国のすり身生産と概要

Dr. Pascal Guenneugues (CEO, Future Seafood Group)

 

12:45 13:05      2)練製品影響ぼす数々副原料 

Mr. Cameron Wells (Pacific Blending, Coquitlam, BC, Canada)

 

13:05 14: 00      昼食

 

14:00 14:35       3)蒲鉾900年歴史 (1115-2015)とこれからの蒲鉾産業

岡崎恵美子 博士(教授, 東京海洋大学)  

 

14:35 16:00       4)公開討論会II: 製品のマーケットストーリー 

 日本以外成功した製品産業

4a- Angulas アンギュラ(Baby Eel) スペイン  Mr. Javier Canada (R&D Director, Angulas Aguinaga, Spain)

4b- Lobster Sensationロブスター感覚 アメリカ  Ms. Elise Carlson (R&D Manager, King & Prince Seafood, USA)

4c- Mini Fish Balls ミニ練り製品 フランス   Mr. Jean-Luc Beliveau (Former R&D Director, Alliance Ocean, France)

4d- Premium Fish Cakeプレミアム練り製品 韓国  Dr. Jin Soo Kim (教授Gyeongsang National University, S Korea) & Dr. Jae Park (教授,OSU Surimi School, USA)

 

16:00 16:40       休憩

                                 練り製品の試食会

                                 Angulas (Baby Eel) スペイン

Lobster Sensation アメリカ

                                 Mini Fish Balls フランス

Premium Fish Cake 韓国

                                 

16:40 17:20       (5)風味のアイディアをいた製品価値向上

                                Ms. Venessa Zuccoli (Marketing and Consumer Insights Manager, Takasago Europe, Germany)

 

17:20 - 18:00        (6) 植物液色素利用して安定した着色材いた製品

の価値の向上

                                Ms. Elaine Lee (Application Manager, Lycored, UK)

 Mr. Thomas Adler (Global Head, Food Business, Lycored, UK)

 

18:00  21:00       レセプション

社交行事: 18:00 18:30

協賛企業によるプレゼンテーション: 18:30 19:10

 技術、製品、サービスについて

 

夕食: 19:10 21:00
       

ニチモウ株式会社・株式会社ビブン (5)

高砂香料工業 (5)

Lucky Union Foods (5)

Pacific Surimi (5)

Future Seafoods (5)

Lycored (5)

味の素株式会社 (5)

Pacific Blends (5)

 

 

第2日 (2018年2月22日木曜日)

 

09:00 09:45       (7)すりのたんぱくれた機能性

今野 久仁彦 博士 (教授,中國 大連工業大學; formerly 教授,北海道大學校)

 

09:45  10:30       (8)最新熱帯魚利用したすり研究について

Jirawat Yongsawatdigul 博士(教授,Suranaree University of Technology, Thailand)

 

10:30 10:50       休憩

 

10:50  11:20       (9)すり身の価値の最大化

Jae Park 博士 (教授,OSU Surimi School, USA)

Samanan Poowakanjana 博士(GM, Masirah Golden Waves, Oman)

 

11:20- 12:00        (10)製品のテクスチャーと栄養強化剤としてナノサイズの使用

Jae Park 博士 (教授,OSU Surimi School, USA)

 

12:00 12:30       質疑応答

講演者参加証明書

 

12:30 12:35       閉会

 

12:35 14:00       昼食

 

 

 

 

 

-Translated by Dr. Yuka Kobayashi-

 

HOME

OSU Surimi School USA

Surimi School Asia

Surimi School Europe

Surimi Industry Forum

Surimi Forum Japan